がん遺伝子治療クリニックグループ

よくある質問

治療費はいくらですか

がん遺伝子治療の治療費の詳細はこちらでご確認いただけます。

がん遺伝子治療の治療期間はどれくらいですか

がん遺伝子治療の治療期間は患者様の状態により異なります。
1~2週間に一度、がん抑制遺伝子を体内に導入しがん細胞の分裂サイクルを正常化させて体内から自然とがんが消えていくように促すため、大きくなってしまったがんの場合は治療効果の測定をしながら続けるべきかどうか判断をいたします。

治療には入院が必要ですか

がん遺伝子治療クリニックグループが行なっているがん遺伝子治療は入院ではなく通院での治療となります。 患者様の状態やご都合により1週間~2週間に一度ご来院いただき点滴による治療を行ないますので、治療は通院が可能な方に限らせて頂いております。

症状が重くても遺伝子医療は受けられますか

がん遺伝子治療は体の負担が少ない治療法ですので、転移や再発を繰り返しているような重いがんの場合でも治療を受けることは可能です。

治療効果や過去の症例などを教えてください

がん遺伝子治療の過去の実績や効果などは当クリニックのパンフレットに複数例の記載がございますので、ぜひ資料請求からお問い合わせ下さい。

標準治療を受けずにがん遺伝子治療だけで治療はできますか

がん遺伝子治療は単独での治療も可能ですが、複合的な治療として標準治療が受けられるのであれば併用をお薦めします。

クリニックの場所を教えてください

がん遺伝子治療クリニックは博多、天神、大阪、神戸、岡山、広島、愛知にございます。
各クリニックのご案内をご確認下さい。

高額療養費制度は適用になりますか

高額療養費制度は保険適用される診療に対して患者様が自己負担した医療費が対象となりますので、自由診療で行うがん遺伝子治療の治療費については対象となりません。あらかじめご理解とご了承下さい。

加入しているがん保険の先進医療特約は使えますか

現在のところがん遺伝子治療クリニックグループが行っているがん遺伝子治療は先進医療の対象外となっております。 先進医療特約とは厚生労働省が指定した医療機関で先進医療技術の第2項と第3項に定められた治療を受けた場合に給付される保険となりますが、毎年新たな治療法が先進医療として追加や削除が行われておりますので、詳細については厚生労働省のウェブサイトをご確認下さい。

インフォームド・コンセントを受けるために必要なものを教えてください

当クリニックではより正確なご案内をさせて頂くために紹介状や診療情報提供書をお持ちいただくことをお願いしておりますが、掛かりつけの医療機関が自由診療に対して否定的な意見を持っている場合だと診療情報提供書を出して頂けない場合がございます。
血液データや画像データだけでも構いませんので、まずはお気軽に当クリニックの医療コーディネーターまでご相談下さい。

どのタイミングで遺伝子医療を受ければいいですか

がん遺伝子治療は前がん状態から末期と診断されたがんまでどのタイミングから始めても治療効果を期待できます。
がんの状態によってどれぐらい治療効果が期待できるかインフォームドコンセントにて詳しくお話をさせて頂きますのでお近くのクリニックまでお問い合わせ下さい。